HOME

はじめに

動機

還暦(60歳)にして2021年(R3年)夏、自分と友人2人とで第二種電気工事士の資格を独学で取得しました。 
電気工事にはもともと興味はあったのですが、電気の知識はほとんどありませんでした。

きちんと勉強して、きちんと練習したので、6か月で資格を取得しました。 もしあなたが第二種電気工事士の資格取得を迷っているなら、きっと取得できますので挑戦してみませんか。
自分たちの実体験をもとに、勉強方法、練習方法、費用などを紹介します。

第二種電気工事士は還暦(60歳)のG3たちでも独学で取得できた資格です。

〇背景

Levelh3

Levelh4

高校生の頃、その資格が必要ということを知らず、ホームセンターで照明器具を買ってきたことがあります。
資格がなくても自分で取り付けられる器具もありますが、その照明器具は「取り付けには接地工事の資格が必要です」と書いてありました。
何やら面倒なことになりそうなので、親戚の電気屋さんに来てもらって取り付けてもらいましたが、「10分でできることだけど資格が要る」と教わりました。

あれから40年、DIYリフォームをすると、コンセントの差し口数を増やしたくなったり、コンセントを増やしたり移動したくなることは多々あります。
ボロくなってしまった壁紙を自分で張り替えるときホームセンターで新しいコンセントを買ってきて古いコンセントと取り替えたいと思います。
電球を替えることはあっても、照明器具を自分で取り付けできないかと考えたこともあります。

交流電流なのでプラスマイナスの区別ないから、黒と白のケーブルがそれなりに繋がっていれば照明器具なんか点灯します。
でもね、資格なしに施工してはいけないということなんです。
それは運転できるから、運転免許を取らなくて良い。という発想と同じです。
事故を起こさないよう、きちんと勉強してください。その証拠となる試験に合格してください。というものですね。

自宅は築40年以上のため、2020年にお金をかけてリフォームしましたが、自分でもできそうな(DIYできそうな)部分は自分で施工することにしました。
・欲しいところにコンセントがない。
・冷蔵庫の真裏にコンセントが設置されている。
・要らないところに高価な照明器具がある。
などなど、ちょっと目を離した隙に屋内の電気工事に関しては電気屋さんの仕事が腑に落ちませんでした。
納得したいなら自分で作業すれば良いと考え、そうなるとDIYをする上で一番役に立つのが第二種電気工事士の資格取得に行き着きます。

〇きっかけの経緯

自分はDIYが好きなので、ホームセンターに行くとウィンドウショッピングしてても楽しいしワクワクします。
DIYは自分たちに合った部屋や家を自分たちの手で作っていきます。
アメリカではDIYは当たりまえのようで、最近は日本でもやる人が増えてきましたがそれでも少数です、。

近年はYoutubeで、たくさんのDIY動画が配信されて、中には大工さんばりのDIY女子が動画を上げてるので観てて可愛いし楽しいし勉強になります。

たとえばDIY動画には
・照明器具をダウンライトにしたい
・ダクトレールにしておしゃれな照明にしたい
・壁のコンセントを追加したい
・壁紙を張り替えるので、ついでにコンセントの位置も移動したい
・露出配線を壁の中に収めたい
など、電気工事士の資格が必要な場面があります。
気の利いた動画だと「電気工事士の資格は持ってます」というテロップが書いてあったりします。
しかもDIY女子の動画です・・・

国家資格である第二種電気工事士は取得が難しいと思ってたので、何十年も受験する機会がありませんでした。
DIY動画を観てるうちに第二種電気工事士の資格取得に興味が沸いてきました。

2020年7月、DIY動画からYoutubeを泳いでたら、工具の会社HOZANのサイトにたどり着きます。
https://www.hozan.co.jp/
その頃はまだ第二種電気工事士受験の意志ははっきりしてませんでした。
HOZANは、「電工試験の虎」というサイトを運営しており、筆記試験対策、技能試験対策の動画は女性が説明・実演してるんです。
キレイな声・可愛い関西弁で、分かりやすく説明される動画を見てると、内容とは裏腹になんだか癒されます。
試験解説の動画を見てると、きっと華奢であろう山内さんが、工具を自在に操り、めっちゃ固いはずのVVFケーブルを難なく加工します。

自分もニッパ、ペンチ、カシメ工具やなど、いろんな工具を持ってますが、
HOZANの販売するVVFケーブルストリッパー(P-958)を触ってみたくなって、楽天市場で購入しました。
https://item.rakuten.co.jp/akibaoo-r/hm000290842/
ホームセンターでVVFケーブルを買ってきて試してみたところ、ペンチで切るよりはるかによく切れます。
※VVFケーブルは住宅、商業施設、公共施設などの低圧屋内の電線で、特に15A程度までの照明・コンセント回路に使われているごく一般的なケーブルです。
※HOZANのVVFストリッパー(P-958)は大きいホームセンターなら販売していますが、楽天市場で購入した方が安価でした。
ちなみにホームセンターの電材売り場に行くと、電気工事の資格が必要な質問にはお答えできません」とありますが資格を持ってなくても電材を購入することはできます。
(現場仕事のお使いや電気工事士の資格を取るために練習する人もいますからね)

そのVVFケーブルストリッパー(P-958)の切れ味の気持ちよさと動画視聴がだんだん面白くなってきて、資格取得はそれほど難しくないのではないか?と思うようになりました。
自分が電工試験を受験しようと、最後の引き金を引いた(背中を押した)のは、HOZANの山内さんです(笑)。

2020年10月、本格的に試験内容、日程などを調べて受験の決意が固まったので、
定期的に食事する友人2人(Hさん60歳、Nさん56歳)に、電気工事士の資格取得を目指してることを話しました。
そしたらなぜか2人とも俺も受けようかなと言います。
おそらく筆記は自信ないけど、工具に触れることが好きなので、自分に吊られて挑戦しようと考えたんだと思います。
還暦(60歳)で、今さら電気屋さんに就職しようと思っているわけではないでしょうから、彼らの目的は分からないけど、友人2人も一緒に受験することになりました。

タイトルとURLをコピーしました